弁護士について

示談交渉を弁護士に依頼するケース

弁護士に仕事を依頼するのはお金持ちや企業のトップだけではありません。
一般人でも弁護士に依頼するケースは沢山あります。
その一つが示談交渉です。
示談交渉を利用するケースが多いのは交通事故でしょう。
被害者と加害者の意見を交えお互いの妥協点を探っていくのが弁護士の仕事です。
高額な費用が請求されるのではと不安に思っている人でも、最近では自動車保険の特約に付加されていることも多いため、気軽な気持ちで弁護士に依頼することが出来るでしょう。
また、傷害事件や窃盗、痴漢や詐欺などの刑事事件などでも弁護士は非常に頼りになる存在となり、被害者側と示談交渉を行ってくれます。
この場合起訴をする前ならば告訴が取り下げられて不起訴となり、例え起訴をした後であっても示談が成立したことで量計が軽くなることがあるため、最後まで諦めないで交渉を続けてくれる粘り強い専門家を見つけることが重要です。
そうすれば満足出来る結果を得ることが出来るでしょう。

示談交渉が必要なときは弁護士に任せる

示談交渉が必要なときは弁護士に任せることが大切です。
弁護士の中には交通事故に非常に詳しい法律家がいますが、こうした弁護士に依頼をすると相場よりも高い示談金を相手から受け取ることが出来るようになります。
基本的に、弁護士に対する示談交渉の報酬というのは成功報酬なのでそれほど費用に関して考える必要はありません。
これは、依頼をする段階できちんと説明を受けることになります。
一般的な法律家に対する報酬というのは、法律事務所で考えているわけではなく法律によって一定に決められているものなのです。
特に、成功報酬に関しては法律にも決まりが規定されているので、裁判や示談など高額な金銭を請求できる場所では必ず勝ち取った慰謝料からパーセンテージで渡すことになります。
この範囲に関しては交渉の前にお互いに相談することが出来るので、納得のいく範囲で交渉しなくてはいけません。
これは全ての弁護士に当てはまることなので忘れないようにしましょう。

recommend

スタインウェイを調べる

最終更新日:2018/1/22

copyright(c) 2015 「弁護士へのみち」 all rights reserved.